スタッフブログ

キービジュアル

スタッフブログ

2019年02月15日

先日、患者さまから
 

『キシリトールガム と リカルデントガム、どちらがいいですか?』
 

という質問を受けました。
 

この2つのガム、虫歯を作らせないガムということは共通していますが、

狙いを定めているところが異なります。
 

キシリトールは白樺から取れる天然素材の甘味料です。

虫歯菌に酸を作らせないことにより増殖を抑え、虫歯菌が減っていく効果があります。
 

一方、リカルデントは甘味料ではなく添加物です。

牛乳に含まれるCPP-APという成分が歯のエナメル質にミネラルを取り戻す

「再石灰化効果」があるのです。
 

わかりやすく言うと、

「穴の開いていない溶け始めの白く濁っている歯を元に戻します」ということです。

(完全に虫歯が治るわけではないですよ)
 

どちらかが優れているかではなく、状況によって使い分けをするともっとよりよい

口内環境となります。
 

妊娠中や育児中の方であれば、キシリトールガムによってお子様への感染が少なく出来ますし、

プラークが付きやすい方もプラークの質を変えてくれるので歯磨きでプラークを落としやすく

してくれます。
 

リカルデントは虫歯の始まりを抑えてくれ、酸に溶けにくい歯にしてくれるという効果があります。
 

似たような商品、と思っていても実はこんなにもアプローチがちがうものなのですね。
 

お腹がゆるくなったり、歯石がつきやすくなったりなどの体質に合う・合わないものもあるので、

いろいろ試してみてくださいね。
 

無料個別相談

治療費「定額制」 12回分割まで無利息

このページの先頭に戻る