京都市で「非抜歯(抜かない)矯正歯科」|キョート矯正審美歯科|夜8時まで。土曜日も診療

キービジュアル

当院では安易な抜歯は致しません。
歯の大切さを誰よりも分かっているのは
私たちですので・・・。

可能な限りの「非抜歯」矯正を行っています

様々な要因を検証し、抜歯・非抜歯のご提案をさせて頂いておりますが、当院では「可能な限り」非抜歯での矯正をご提案しております。

非抜歯をご提案する大きな理由は「抜歯矯正をすると治療期間が延びる可能性がある」ことがあげられます。抜歯をするという事は、歯がなくなった部分の隙間を埋めるため、その他の歯を大きく移動させる必要がでてきます。そのため、治療期間が延びてしまうことがあります。また、何よりも世界に1つしかないご自身の歯。歯に携わる医療人として可能な限り残したいというのが本音の部分です。

このような理由から当院では可能な限りの非抜歯矯正をご提案させて頂いております。

しかし、どの症例でも非抜歯にするわけではありません。
なぜならば無理に非抜歯矯正を遂行した場合、下記のような問題が生じることがあるためです。

出っ歯(上顎前突)による審美性の喪失

出っ歯

無理な非抜歯矯正は、「出っ歯」と一般的に呼ばれている「上顎前突」になる可能性があり、審美性を大きく損ねてしまうこともあります。

これは歯を並べるスペースが足りないのに、無理矢理歯を並べようとすることで起きてしまう現象です。

イメージしやすい例としましては、3人掛けの椅子に、4人座ろうとした場合に似ています。
座ろうとすればなんとか4人座ることが出来ますが、部分的に無理が生じますので、どこかが盛り上がってしまいます。これは矯正も同様です。

患者様の歯並びの状態をしっかり把握し、できること・できないことを正しくお伝えすることが大切と考えています。まずはご相談ください。

コラム「お子さん」の矯正治療は
「非抜歯」の可能性が高まります

歯並びが悪くなる原因は「顎の骨に歯が適切に並びきらない」ために起こります。つまり、顎の骨の幅を自由にコントロールできるのであればそもそも大がかりな矯正治療は必要ありません。 実は、小さい頃であれば、人為的にこのコントロールが可能になります。子供は大人と異なり、まだ成長段階にあります。これは「顎の骨」に関しても同様ですので、その成長を人為的に適切な方向へ誘導させることでバランスのとれた歯並びに近づけることが可能になります。
詳細はお子様の矯正治療をご参照ください。

これまで非抜歯に関してお話ししてきましたが、皆様に知って頂きたいのは、「非抜歯」で治療することが「目的」になってはいけないという事です。そもそもの目的は矯正治療をすることで、「歯並びの美しさと、噛むという機能性を回復」させることです。この目的を達成させるために非抜歯でも対応できる場合は非抜歯をご提案いたしますし、達成が難しいと判断した場合は抜歯を提案させて頂きます。

院長

抜歯が必要なケースであっても「非抜歯で出来ます!」と言ってしまい、後日トラブルになってしまっている医院も存在しますが、当院ではそのような対応はしておりません。この点を考慮した上で患者様自身も医院選びの参考にして頂けたらと思います。

無料個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

〒604-0924
都府京都市中京区河原町通二条下ル一之船入町537-4 京都ホテルオークラ B1

治療費「定額制」 12回分割まで無利息

このページの先頭に戻る